2015年4月8日水曜日

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2もくじ

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2・もくじ

*NHKによる日本放映時のタイトルもつけています。
(「原題/NHKの日本語タイトル」)

*各エピソードに関する記事を更新する都度、リンクづけします。


シーズン1の登場人物リスト
シーズン2の登場人物リスト
(NHKでの放映時の呼び方と違う場合、こちらで確認できます)


●第1話 『Broken/破れた呪い』
オーロラ&ムーラン登場

●第2話『We Are Both/町の境界線』
レジーナが魔法を習い始めるお話
レジーナとランプルの出会い

●第3話 『Lady of the Lake/湖の淑女』
過去の魔法の森にランスロット登場、ノストス湖再登場
ランスロット登場

●第4話『The Crocodile/ワニと呼ばれた男』
フックが「フック」になったいきさつ、ランプルと憎み合う理由
フックと「ワニ」

●第5話 『The Doctor/ホエールの正体』
Dr.ウェイルの正体
その1〜現在と過去の魔法の森
その2〜ストーリーブルックと白黒の世界

●第6話 『Tallahassee/ドリームキャッチャー』
エマとニールの出会い/豆の木の巨人

●第7話 『Child of the Moon/オオカミの夜』
赤ずきんの過去と現在のお話
ルビーのルーツ

●第8話 『Into the Deep/眠りの呪い
スノウに会うため眠りののろいを受けるデイビッド
赤い部屋

●第9話『Queen of Hearts/ハートの女王
ワンダーランド再び。スノウとエマ、ぶじ戻る
その1〜過去のコーラとフック
その2〜ストーリーブルックへ

●第10話 『The Cricket Game/コオロギは鳴く
人は変われるのか?というテーマでレジーナの葛藤が描かれます
アーチーのゆくえ

●第11話 『The Outsider/町への侵入者
過去の魔法の森ではベルがムーランと共に野獣対決の旅をします。ストーリーブルックではランプルへの復讐のため、フックはベルを巻き添えに…。
その1〜ベルの冒険
その2〜フックの復讐

●第12話 『In the Name of the Brother/フランケンシュタインの苦悩
フランケンシュタインが魔法の森に行く前のいきさつと、コーラが娘を取り戻すためにいろいろ工作するお話。
その1〜フランケンシュタインの過去
その2〜コーラの裏工作

●第13話『Tiny/巨人の復讐
ジャック登場、豆の木の巨人の過去
"ジャック"と豆の木
余談

●第14話 『Manhattan/再会の街
Mr.ゴールドと息子の再会、予言者の予言
ニューヨークでの再会
予言者との出会い

●第15話 『The Queen Is Dead/死の真相
少女時代のスノウ再登場、ダークマジックの誘惑を受ける。ニューヨークではフックとランプルの対決、ストーリーブルックではスノウが自分の「善良さ」の是非を疑い始めます。
その1〜スノウの母の死(過去の魔法の森)
その2〜ランプルのピンチ(現在のニューヨーク)
その3〜スノウの葛藤(現在のストーリーブルック)

●第16話 『The Miller's Daughter/粉ひきの娘
コーラの過去と現在
その1〜コーラの娘時代
その2〜母娘の別れ

●第17話 『Welcome to Storybrooke/ストーリーブルックへようこそ
ストーリーブルックができた頃のお話
恋はデジャ・ブなストーリーブルック
余談

●第18話 『Selfless, Brave and True/オーガストの旅
その1〜オーガストとタマラの過去
その2〜勇気ある行動

●第19話 『Lacey/もう一つの顔
ベルとランプルの過去にロビン・フッドとマリアンが登場
その1〜ロビン登場
その2「レイシー」

●第20話 『The Evil Queen/悪い女王
レジーナの改心のチャンスは・・・?
その1〜農民に化ける女王
その2〜カマキリ作戦発動
(→死んだはず?のマレフィセントがゾンビみたいに復活)

●第21話 『Second Star to the Right/ネバーランドから来る影』
ベルファイアのその後が判明。ネバーランド登場、レジーナの危機
ネバーランド

●第22話 『And Straight on 'Til Morning/フックとベルファイア
シーズン2最終話。フックとニールがなぜ知り合いだったのか明かされます。
その1〜過去のネバーランド
その2〜ストーリーブルックの危機


ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3もくじ
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1もくじ




0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。