2016年9月25日日曜日

シーズン6プレミアひとこと感想

『ワンス・アポン・ア・タイム』新シーズンがいよいよ始まりました!

今日中に見られないかも…と懸念してたけど、根性で(?)見ました。

本編の前に放映された特番まで見ちゃった(笑)。
(↑これについてもメモっておかねば…できれば今週中に…)

しかし、シーズン4の途中までしか見直せなかったので、シーズン5後半の記憶がほとんど抜け落ちてしまってることに気づいて愕然…(´▽`;)

正直、あれっ???と思うことが多すぎた(※ストーリーに対する不満ではなくて自分の記憶力のなさのせい)ので、やっぱこれはシーズン5をもう一度見直さねば…と焦ります。

今は見直してるヒマないですけども。


取り急ぎ、シーズン6第1話を見ていちばん気になったことだけざっと書いておきます。


*以下、ネタバレ注意*





ベルとランプル


ベルが見ている夢の中に入って起こそうと試みるゴールドさん。ふたりが恋に落ちる前の状態のランプルのお城を夢に見ているので、ゴールドの姿が野獣(=ダークワン=ランプル)の姿になってしまうのがちょっとおもしろかった。

夢の案内人?みたいな「モーフィアス」が、なんとベルのおなかの中にいるふたりの息子だった、というのが非常に意外で楽しい?設定だったけど、息子にまで「お母さんが目を覚ましてもランプルにだまされないかどうかテスト」され、「ランプルに家庭を破壊させないでくれ」とクギを刺されるって…ちょっと切ない…(;_;)



ベルがきっぱり「私は今もあなたを愛している(けど、いっしょになったらまた裏切られて辛い思いをすることがわかってるから、私たちが家庭を築くことはない)」と言い切ってくれたことだけが一縷の希望…?なの…?

そう言ってベルがストーリーブルックに戻って行ったあとのゴールドさんの肩を落とした姿が気の毒でしょうがなかったです。

まあこれであきらめる彼じゃないと思うけども。


そうそう、3つもブログに書いちゃった()Mr.ゴールドのお店の謎は、第1話であっさり解けました。


↑やっぱ、従来のお店の真横に設置されていた「入り口だけのお店」が使われることになっただけの話でした(´▽`;) お騒がせしました!


ゼリーナ、レジーナ&「悪い女王」


ゼリーナがレジーナといっしょに暮すのかと思いきや、あっというまに仲違いして「出て行きます」という話に…なったと思ったら、「悪い女王」であるレジーナ(そこらへんが全く覚えてないんだけど、シーズン5の最後でレジーナの中から「悪い女王」をひっぺがして分裂してしまったらしい)がゼリーナの前に現れるという。

てっきりゼリーナにも良心が芽生えてヒーローになっていくのかと思ったけど、悪い女王が接近してるってことは、しばらくは彼女はヒーローにはならないのかな?!

ちなみにFacebookのカバー写真も「悪い女王」。


全体的に、今までのシーズンプレミアのような派手さ・ワクワク感はないけど、特番でクリエーターの人たちが「いろんな世界での冒険があったけど、今度は原点に返ってストーリーブルックに戻って来た」と言っていたので、ちょっと落ち着いて内面的に掘り下げていくのかな?という期待はあります。



<どうでもいい余談>

レジーナのvault(地下室?日本語でなんて言うのか謎)前でスノウとレジーナが語り合うシーンを見て「あっ!」。7月に撮影を見に行った場所だったんです。


決め手?はこの ↑ 女性の彫像

アングルが逆ですが、vault(のセット)の右横に同じ像が見えます
            ↓ ↓ ↓


実はこの日、撮影が始まるまで待てなくて(暑かった)このセットを見ただけで満足して帰っちゃったんです。待ってればレジーナとスノウの撮影が見られたのかと思うとちょっと悔しい!(^-^; (スノウのファンなので!)


© copyright 2016 – All rights reserved
ワンス・アポン・ア・タイムづくし
*無断転載を禁じます*


6 件のコメント:

  1. うわあ…キツイわあ、ベルさん!でも真理だ、何も言えない。それだけ裏切ってるしランプル。

    え、でも息子がちゃんと生まれて成長してる、って事はシングルマザーで育てるの?きっぱり別れる訳じゃなくて、別居夫婦でしょうか?何だかいかにもアメリカンな解決法で、正直悲しいですけど、ベル個人にはその方が良いかも知れない。付かず離れずで。距離があった方が、お互いに冷静で居られるかも知れないし。価値観違うのに一緒に居ようとするから、トラブル絶えないんだし。(でもやっぱり一つの家庭を持てないのは淋しいなあ)

    ベルの「二度と会わない」は全く当てにならないジンクスがあるので、多分「子供を貴方やニールみたいにしたくない」って戻って欲しいですけどね。何で夢の神みたいになってるんでしょ?ダークワン(闇)とライトサイドのベルの子供だから、中間が夢の中なのかしら?

    返信削除
    返信
    1. 息子が生まれて成長してるのとランプルとベルの関係とは別の話だと思います。ランプルとやり直すつもりがなかったとしても、まがりなりにも愛する人の子どもですし、最初から産むつもりだったんじゃないかな、ベルは。

      まあ子どもがいると、きっぱりランプルと断絶するわけにはいかないでしょうけどね…。

      感想を書いただけで詳しい事情を説明してなくて、わかりにくくてすみません。モーフィアスがベルの夢の中にいたのは、実はランプルがベルの夢の中に入るためにベルにふりかけた砂のせいなんです。ベルのおなかにいる赤ちゃん(=モーフィアス)にも砂がかかったために、赤ちゃんまでベルの夢の中に入り込んだ、というわけです。

      削除
  2. 解説ありがとうございます。実は予告?らしき動画でその辺は見てました。ダンスシーンも、過去じゃなくて夢の中なんですよね?

    モーフィアスの正体知ったら、何故かターミネイターのジョンを思い出しました。(シュワちゃんの最初の2作しか知らないし「サラ・コナークロニクル」も見てないんですが)『どうか希望を捨てないで生きて僕を生んで下さい』と言う短いけど切実なメッセージ。『運命は決まっていない、自分で作る物だ』って言うのも。
    ベルは「No one decide my fate,but me」(ウロ覚えです)って信条を忘れないで欲しい。でも強いだけのアイアン・レディでも無いし、やっぱり愛する人に寄り添えないのは悲しいし、悔しい。
    製作者がやたらと「ベルが望んでるのはハッピーエンドじゃないよ」発言してるのが凄く気になります…。だったら何でわざわざ美女と野獣設定にするの?憎み合って別れるより辛いじゃないですか!

    自立する女もいいけど、余り履き違えないで欲しいな、と思ったりして。
    マイフェアレディみたいに「折れてやるけど従わないわよ」的なラストは、あのスタッフじゃ望めないな、と諦めモードです。

    返信削除
    返信
    1. エデさん、コメントいつもありがとうございます〜
      お返事が遅くてすみません。
      ダンスシーンは、おっしゃるとおり夢の中の話です。
      詳細を書けぬまま、今晩第2話の放映があります〜
      早く書けるようになりたいんですが、しばらくまだバタバタです…(´▽`;)

      削除
  3. こんにちは。YUです。(どうやって名前を入れたらいいのかわからなくて失礼します)
    待ってました、season6! 動画で内容を想像して、スクリプトサイトでセリフを確認。(それでも英語がよくわかりませんが)
    レジーナがロビンの息子からプレゼントされたロビンの矢の羽(?)を探す場面は切なくなりました。ゼリーナももう少しデリカシーを持てば・・・・。
    NHKがseason5以降放送してくれるのか心配です。だんだんおとぎ話がダークになってきてNHKの趣旨に合わなくなってきてるんじゃないかと思います。
    まあそれはさておき、これからアラジンがどんなふうに絡んでくるのか楽しみです。エマと関係あるようなこと言ってました?
    ああ、英語が・・・・・!
     

    返信削除
    返信
    1. YUさん、コメントありがとうございます!
      お返事がずいぶん遅くてすみません。
      ロビンのかたみ、そもそも直接レジーナに渡せばよかったのに…
      と思ってしまいました(´▽`;)
      たしかにシーズン5はダークな方面に行きますが、それよりも視聴率の低迷(こちらでの)が理由で放映されなくなるのではと心配になってきました。シーズン6の数字はまだ確認してませんが、シーズン5は確実に落ちてましたので。

      でもいくら視聴率が落ちても、コアなファンがついている人気番組には変わりないので、ぜひNHKさんにも続けて放送してほしいですね〜。

      削除

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。