2016年11月27日日曜日

シーズン6第9話 とりあえずの感想(おもにランプルの話)



今晩(11/27)のエピソードは久しぶりにすごくおもしろくて、細かいあらすじも書きたくなってしまうお話でした。これまでのところ、今シーズンでいちばん好きです。


以下、ネタバレ全開の感想です。
あらすじも含みます。
※1回観ただけでさっと書いてるので勘違いの部分もあるかもしれませんが、いずれ細かいあらすじを書くときに修正します。





最近、ランプルが本当に悪の塊みたいなヤツになってしまい、良心も残ってないの?と思わせる流れだったので、図書館に現れたランプルを見てベルがものすごくビクついてる顔を見て、私も正直怖くなってしまったほどでした。

ベルのおなかの子どもを失いたくないがため、ダークワン時代のエマがゼリーナにしたように妊娠を早送りして産ませてしようとするランプルに、「それをしたら私を永久に失うことになるわよ」とベルが必死に説得。

そのセリフを聞いてランプルは思い直し、その場を去って行くんですが、そのときに「あっ!まだ希望はある」と思えました。

ベルを失ってもいい、子どもさえ手に入れば、という考えであれば、そのまま魔法をかけてたはずなのに、それをしなかったってことは、完全にあきらめているように見えても実はまだベルの心もほしいんだよね。

そしてベルも、「それをしたら永久に失う」って言葉が出てくるってことは、今の時点ではまだ「永久に失ってはいない」ということだもんね。

かなり細〜〜〜い希望だけど、ゼロではないと思えればいいです。

***

また、ランプルとベルがまだおとぎの世界のランプルの城で、主人と召使いとして暮していた頃のお話もよかった。



最初は赤ちゃんを自分の目的のために盗んで来たランプルにガッカリしましたが(いやその行為自体はよくないんだけど)、「名前はだいじなものなんだ。愛着をもつつもりもないものの名前なんて知ってもしかたない」と声をふるわせて言うときのランプルが切ない。


このあと明らかにされる「目的」というのがまた、ビックリ仰天かつ切なすぎ。

赤ちゃんはブラック・フェアリーをおびき寄せるためのおとりでした。その妖精を呼び出した理由が、「なぜ自分の子どもは捨てたんだ」と聞くためだったと言う…。

そう、その「ブラックフェアリーの子ども」というのがランプル自身のことだったのですΣ(゚∇゚*)!!

母親はランプルの名前さえ知りませんでした。名前もつけずに捨てて行ったというわけです。

そこには何か事情があったのかもしれないけど、結局理由は言わないまま。

ランプルって父親にも母親にも捨てられていたのね…(;_;)

結局赤ちゃんはベルが本当の両親のところへ返すんですが、ランプルはそのようすをこっそり見守っていたので、最初から返すつもりだったのかも?

***

また話を現代に戻して、ベルの妊娠を早送りすることはあきらめたランプルでしたが、なんと「きみとはもう終わりだ」と突き放された悪い女王が復讐として?グラニーの店のお茶に魔法のクスリを入れていて、結局ベルはあっというまにおなかが大きくなり、お産することになってしまいました。

ベルがランプルのしわざだと思ってたら(思ってるよね)悲しい…。

お産の最中の夢枕に現れた息子(の成長した姿)に「どうすればいいのかわかってるよね」と背中を押されたベルは、赤ちゃんが産まれたあとすぐにブルーフェアリーを呼んで「この子をどこか遠くの安全なところへ連れて行ってほしい」と託します。

このシーンがまた… 泣いてしまいました(;_;)

特に、自分の母親にいちばん最初に読んでもらった本を渡して「これを読んであげて」と頼むシーンとか、ベルの切なさが伝わって来ました。本に出てくるヒーローの名前「ギデオン」で息子を呼ぶところとか…(;_;)

(※このとき「ギデオン」と息子に名付けたんだと思いましたが、よく考えたら彼はベルの夢の中で自分のことを「モーフィアス」と名乗ってたな、と混乱してしまいました。しかし、モーフィアス(英語読み)はギリシャ語読みで「モルペウス」、つまりギリシャ神話の「夢の神」の名前なんですね)


そのあとランプルが一足遅くやって来ますが、そのときの「きみ(ベル)を傷つけることは絶対にしない」というセリフがまた切なかった。「だが、息子を必ず見つける」とも言ってましたけど(^^;

なんかランプル、いつも息子をさがすはめになるのね。
自分のせいっちゃ自分のせいなんだけど、それでもやっぱり、彼にもハッピーエンドをあげたいです…!


ほかにレジーナとゼリーナの話とかも興味深かったですが、今日は眠いのでとりあえずこれにて。


© copyright 2016 – All rights reserved
ワンス・アポン・ア・タイムづくし
*無断転載を禁じます*


8 件のコメント:

  1. えええ!?色々衝撃強すぎて、ちょっと…無理です(大混乱)
    悪い魔女はゼリーナですか、それとも女王の方?とか、ブラックフェアリーって、そう言えばティンクが「黒魔術も両方使うから強力」みたいな話をしてたし。でもあのマルコムとそーいう仲だったの?疑問が尽きません。
    タイトルの「チェンジリング」は、妖精の取替えっ子の事ですね。
    ランプルが攫ってきた赤ん坊の事でもあり、預けたベルの子でもあり、実はランプル自身の事だったとは!(目からウロコがボロボロ…はっ!べ、別に泣いてなんか…うるうる)何処まで因果因業深いんでしょランプル…!(既に号泣)どうしてここまで可哀想な設定考えられるの、スタッフ!せめて母親位には愛されて欲しかったのに。解った、もう私が母になるから!と言う気になっゃいますわ(有難迷惑)←父親が少年姿なんだから、母が年下でも構わないでしょう…いえほんの少しだけですけど。

    図書館でベル追い詰めてる動画を少しだけ観ました。(そこで挫けて続きを見てません)ベルが凄く怯えてるので、完全に敵対しちゃってるのかな、と悲しく思っていましたがそういう話だったんですね。
    何処かで「子供(家族)が欲しいから、ベル利用して生ませただけじゃん」みたいなアンチ意見を聞いたのが引っかかってましたが、一応安心しました。でもあの通り、一番良い部分は絶対外に見せないんですよね~、だから誤解されるし、今はベルさえ信用して無いし。それに加えて、どうもあの息子も何で両親を引き離すような言動してるんだろう?と疑問ばかりです。ランプルを理解して変える事が出来るのはベルだけなのに。逆効果なアドバイスばかりしているようで、少し違和感があります。例えば、息子は未来を知ってるから敢えて厳しい試練を与えてるのかな?とかそう考えないと理解し切れません。(ニールお兄ちゃんに指示を出されてたりとか笑)


















    返信削除
    返信
    1. 悪い「魔女」って書いちゃってましたね、すみません。
      直しておきます(汗)。
      「女王」です〜。

      そう、こちらでも予告でベルのおなかが大きくなるシーンを見てたので、てっきりランプルがそうしたんだと思ってました。だから意外な展開になって、ホッとすると同時に納得です。

      息子がどうして両親を引き離すような指示をするのか…なんででしょうね、最初に出てきたときなんか言ってた気がするけど、失念してしまいました。1話を見直さねば、です(^^;

      そうそう息子のことでひとつ書き損ねたことがあるので、追記しますね。

      削除
  2. ベルが「母親に読んでもらった本」の中のヒーローの名前で息子を呼ぶなんて、切ない…妖精に守られてたから、どこか浮世離れした所があるんでしょうか?まさか本当に神様扱いになっちゃうとは思えませんが。(アースラみたいに神話の神様の名前を取って呼ばれてるだけ?)そう言えば「モーフィアス」と聴いた時は、てっきりベル・パパが「モーリス」だから、そこから文字ったのかと思ってました(笑)

    返信削除
    返信
    1. 私はモーフィアスと聞いて『マトリックス』が浮かびました(笑)。
      マトリックス見てた頃はただの珍しい名前だと思ってましたが、そんな意味があったとは、今さら気づきました。

      妖精(悪い妖精だけど)をおばあちゃんに持ち、ダークワンを父とするわけだから、神様扱いはなくともなんらかの力を持っていたとしてもおかしくはないですね〜。大人版の彼をまた見ることはあるんでしょうか…現実に大きくなったバージョンを見るには20年以上早送りしないといけないけど(笑)。

      削除
  3. 息子の件で引っかかってるのは、彼が存在する事で未来が確定してしまってる、それを息子が知ってると言う点ですね。だとしたら、ランプルどう頑張っても運命変えられないじゃないですか!
    あがいてる人間(闇の王は人間じゃないけど)を、神様とか妖精とか、何処か別次元から見下ろす存在、って苦手です(ブルーとかグリンダって本当に人の感情解ってないと思うので)
    あの息子って、妖精側の「正義」で動いてる様に感じちゃうので、どうしても人間的な愛情を感じられないんですよねえ…まあ母親は「正しい人」だし特別なんだろうけど。

    手元で育てられないのは残念ですが、せめていつかベルの口から『お父さんは悪い人じゃない、本当に愛し合って貴方が生まれた』と言って欲しい。それだけがたった一つの希望です。(もう色々多くは望まないから…嗚呼)

    返信削除
    返信
    1. そこがタイムトラベルもの?のジレンマというかなんというか…息子が未来から、過去を変えようとしてタイムトラベルしてきたのだとしたら(と言っても夢の中の話なのでちょっと違うかも?)、それによって実際に彼にとっての「過去」が変わったのだとしたら、そこから派生する「未来」は、タイムトラベルしてきた彼が知る未来とはまた別のものになるはずではと思っちゃうんですよね。

      ここ最近のドラマにタイムトラベルものがすごく多くて、いろんなのを見ちゃってるせいか、そんなこと考えてしまいます。まあ通常のタイムトラベルとは違うんだと思うけど…

      とりあえずは(わからないので)深く考えずにおこうと思います。

      削除
  4. 個人的に、ブラック・フェアリーと普通の人間のマルコムがどうやって出会ったのか知りたいです。
     妖精の血を引いているなら、なぜランプルは当初普通の人間だったのだろう?
     英語に不慣れで解ってないだけかもしれませんが。
     取り敢えず、まだまだ波乱万丈みたいですね。(そこが面白いのだけど・・・。)

    返信削除
    返信
    1. 匿名さん コメントありがとうございます。
      ランプルの両親の話はこれからいろいろやってくれるのかな〜と期待しています。私は逆に、ブラックフェアリーの血をひいているからこそランプルがああなのかとなんとなく納得しちゃった部分があります。

      再開が待ち遠しいですね〜^^

      削除

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。